ロゴ The bird which cannot fly  

-Sub-

 

▼物語進行度により、常時追加予定。▼


 「さぁ?今言えるのはここまでだ。」 
ニコラス・ウルフ

Age:31 / Job:Lawyer(Barrister)/ Owner / Element:-

 レリックの兄。ウルフ家長男。
過去にクレアと共に失踪するが、その真意は未だ謎。
レリックの二十歳の誕生日に渡した日本刀は、
元はニコラスのもの。

 ヘビースモーカーで本業は弁護士。(イギリスでは法廷弁護士)
副業にカフェのオーナ、又、宝飾店を立ち上げる。
物腰は落ち着いており、知的でクール。思慮深いが、
時には冷めていたり、自信家(?)だったりもする。
身分は無いが、巧みな話術の才と、頭脳により、
ある程度の地位を築きあげる。

 尚、術は一切使えない。(魔力は無い)

「さぁ?今言えるのはここまでだ。」 / Nicolas・Wolf

   
 「これが私の仕事なんだもの。」  クレア・ウィンズレット

Age:25 / Job:Nurse(治癒術士) / Element:水

 レリックの元婚約者。
(婚約破棄はしていないらしい?)
訳あってニコラスと失踪する事になる。
首元のアクセは大切な人からの贈り物で
肌身離さず持ち歩いている。

 看護の仕事をしているが、セラピーの能力を持おり、
他人の痛みを理解する能力に長けている。
レリックと再会する事により心境が変化する。

「これが私の仕事なんだもの。」 / Claire・Winslet  

   
 「私は諦めません。私が私で在る限り。」  ユウリ・パーキンス
    
(優理)

Age:26 / Job:Priest / Element:光・聖

 癒し(術)の使い手。回復系の術を得意とする。
日本人とドイツ人の両親を持つ神父。
温厚だが意思は結構強い。(少々頑固)
メインは治癒系の魔法だが、攻撃系もなんなく使える。
故に戦闘能力は高いが、闇属性は扱えない。

 ニコラスとは友人。ウォンに銃の扱い方を教えた張本人。
教会で子供達の面倒を見ている。
目は悪い。精霊の加護を受けている。

「私は諦めません。私が私で在る限り。」  / Yuri・Perkins

 


アシル・グラヴェス

Age:18 / Job:Violinist / Element:?

 ウォンの弟。次男。
一見は冷めた雰囲気を持ち合わせているが、
裏表のない、朗らかでサッパリとした性格。

 両親殺害の理由を、兄だと思ったまま、家を出る。
兄・ウォンとは違い、王家の援助を受け、
宮廷音楽家としてバイオリニストとなる。
 「なぁ兄貴、俺もさ、夢があるんだ。」 

「なぁ兄貴、俺もさ、夢があるんだ。」 / Achille・Guravesu

   
ジャレッド・ブラック

Age:23/ Job:Pianist / Element:-

 ウォンの友人。とてもデリケートな感性を内心に秘める。
不器用な面もあるが、気と芯の強さを持つ。

 昔はウォンと仲が良かったが、とある理由で
決別状態にある。
ウォンに対し、屈辱と信頼の狭間で、複雑な思いを抱えている。
 尚、プロのピアニストとして宮廷に出入りしている。
 「良い曲を弾きたいからな、そうだろ?」 

「良い曲を弾きたいからな、そうだろ?」 / Jared・Black 

   
ビアンカ・グラヴェス

Age:25 / Job:Priest / Element:-

 ウォンの従姉。ウォンの父親の妹の娘。
--でピアニストだが、
フランスからオーストラリアに移住した為、
ウォンの身に起きた出来事を知るのは数年経ってからだった。
現在もウィーンに居るが、時折フランスにやって来る。
 「あなた達は私の大事な弟よ?」

「あなた達は私の大事な弟よ?」  / Bianca・Guravesu

 


 「ご自分をもっと大切に為さって下さい。」  セラーズ・リー

Age:26 / Job:Butler / Element:地

 グレイシャス家の執事。代々グレイシャス公爵家に仕える。
通称"セラ"と呼ばれている。
 執事でありながら、リチャードの侍従の立場でもある。
しかし、親馬鹿なリチャードの望みもあり、
レインの側近も勤める。

 一途な忠誠心を持ち、グレイシャス家の執事に恥じぬよう、
魔法学に励み、その結果、術者としてのそこそこな腕前を身に着ける。
また、運動神経も良い。

「ご自分をもっと大切に為さって下さい。」  / Sellers・Lee

   
 「あなたの側にいたいんです…」   アリーヌ

Age:16 / Job:Made / Element:-

 グレイシャス家のメイド。(レイン付きの侍女)
控えめな雰囲気だが、爽やかな明るさと和みを持ち、
多少ロマンチスト。朝は正直苦手。

 グレイシャス家(レイン付き)のメイド。
元々は孤児。幼き頃、リチャードに拾われる。
 レインを密かに想い慕っている。
レインには知らず知らず、好意をアピールしているのだが…。

「あなたの側にいたいんです…」  / Aline

   
 「泣かないわ。私はお兄様の妹だもの。」    マリナ・グレイシャス

Age:8 / Job:Noble / Element:水・風

 レインの妹。とても明るく快活で、兄であるレインが大好き。
アリーヌの気持ちを知っていたりと、敏感なところもある。
健気に兄の帰りを待っている純粋さもあれば、
多少我侭を言って困らせたりする事もある。

 父親であるリチャードの夢見の力を受け継いでいる。
レティシアの能力(調和)も受け継いでいるが、
現状はレインのように、精霊をその身に宿してはいない。

偶にレインが弾くピアノが好き。

「泣かないわ。私はお兄様の妹だもの。」  / Marina・Gray Shas

   
 「どうかあの子達を護ってあげて欲しい。」   リチャード・グレイシャス

Age:35 / Job:Sorcerer/Strategist / Element:?

 レインの父親。魔法名門貴族、グレイシャス公爵にして、
イートゥニア王家に仕える、守護魔法高級官僚。
及び、王国のブレーンとして策士を担う、官吏でもある。

 妖精の加護と魔力が強い一族の生まれだが、
類稀な程、あまりにも魔力が高かった為、
身体に負荷が強く、短命と申告されていた。

 冗談も言ったり、爽やかでとても明るく誠実。
尚、多少は夢見(夢で先の事を垣間見る)の力を持っていた。

「どうかあの子達を護ってあげて欲しい。」  / Richard・Gray Shas

   
 「」   レティシア・グレイシャス

Age:35 / Job:Sorcerer/Priestess / Element:水(ほぼオール属性)

 レインの母。元々は精霊の加護と能力を調和する、
森の隠れ巫女。
魔法調和(調整・制御)の能力に長けている。
翼を持っていたが、レインが生まれた時に譲渡した形となる。

 感受性がとても豊かで、聡明。巫女にしては案外快活。

 レインの身柄を王家に奪われそうになった時、
陛下に反対した為、命を失う。

「」  / Lactitia・Gray Shas

   
 「…感情論?そうかもな。」   ライナス・グレイシャス

Age:23/ Job:Noble / Element:風

 レインの叔父であり、リチャードの義弟。
激しい気性を内に秘めながらも、どこかクール。

 とある理由から、レインとリチャードに対し、
遺憾・やるせない思いを抱いている。

 並ならぬ魔法の修行を重ね、魔法学院は成績優秀な優等生、
監督生を務め卒業した。
その為、グレイシャスの跡取りとしての実力は
申し分はないのだが…。

「…感情論?そうかもな。」  / Linus・Gray Shas

 


 

 「俺の出来る事で、力になりたいんだ…!」  アガット・ル・フォール

Age:17/ Job:Student(Prefect)/Noble / Element:炎

 医学博士の称号を持つ、貴族階級の出身。
医者の家系の末っ子であり、(姉、兄が二人いる)
レインの古き友人。

 アガットは監督生でもあり、実家は病院。(クレアも勤めている)
父はリチャード(レインの父)の専属医師であり、兄二人も医者。
よって、アガット自身も医者を目指している。(家は長男が継ぐ)

 明るく陽気。友情にも熱いが、熱血ではない。
心にデリケートさを持つものの、基本面倒見がいい。

「俺の出来る事で、力になりたいんだ…!」  / Agathe・Le Fort

   
 「家の力と名前を使いたくないの。」   ミレイユ・ド・ベルティエ

Age:17/ Job:Student/Noble / Element:地

 名門貴族、公爵家の令嬢。アガットの幼馴染。
レインの婚約者。婚約に関しては両親達
(グレイシャス家とベルティエ家)が
勝手に決めた事だが、ミレイユは社交界にデビューする前から
レインを知っており、、密かに想いを寄せていたが、
社交界でのとある事がきっかけで、その想いは強くなる。

 純粋でロマンチックな一面もあり、結構ボケボケでもあるが、
大人しい訳ではなく、時に大胆な行動もする。

「家の力と名前を使いたくないの。」  / Mireille・de・Berthier

   
 「私を誰だと思っての処遇かしら?」   セリーヌ・ド・テリエ

Age:17/ Job:Student/Noble / Element:火

 名門貴族、侯爵家の令嬢。ミレイユの友人。
負けず嫌いでプライドが高い、多少(?)我侭なお嬢様。(我が強い)
根っから厭味な性格なのではなく、クールな表面と賢さを持つ。

 ミレイユとは"貴族"や"肩書き"を始めとした、
家の力の考えが異なるが、仲が悪いという訳ではない。

「私を誰だと思っての処遇かしら?」  / Celine・de・Tellier

   

 


カイル・イートゥニア

Age:28 / Job:Priest / Element:火

 レディアの兄。第一王子にして、次期王位継承者。
代々王家は、高い魔力を受け継いで生まれてくる素質があるものの、
カイルにはそれがなく、魔力は並で、レディアにも劣る。

 王家の秘密を知った後、他国の第二王女と駆け落ちする。
その際、レディアの支えををレインにお願いしている。
妹想いで、フェミニスト。キャトラル双子騎士には信頼を寄せている。
 「お前の幸せを願っているよ」 

「お前の幸せを願っているよ」  / Kyle・Itunia

   
アラン・イートゥニア

Age:55 / Job:King / Element:火

 魔法国家フランス王国の陛下。レディアの実父。
国の繁栄と安泰を得る事、それらに力を入れる事に徹するが、
(能力の高い者、優れた者を手元に置くなど)
そのやり方に聊か横暴な面が見られる。

 カイル失踪後、レディアに対し、厳しく接するようになる。
 「全てはこの国の為だ。」

「全てはこの国の為だ。」  /  Alain・Itunia

   
クライヴ・キャトラル

Age:26 / Job:Knight / Element:水

 魔法国家イートゥニア王家騎士団長。
騎士としての実力は優れているが、王族を守護する
近衛隊の身分でないのは、平民出身の為である。
 武器はサーベル。西洋短剣。

冷静で、状況判断に優れている。さっぱりしており、
あまり大きく表情を変化させる事はないが、ポーカーフェイスでもない。
 カイルに忠誠を誓っており、互いに信頼関係もある。
  「貴方に忠誠を誓ったのですから。」  

「貴方に忠誠を誓ったのですから。」  /  Clive・Cattrall / ↑↓双子の兄弟

   
ロバート・キャトラル

Age:26 / Job:Knight / Element:水

 魔法国家イートゥニア王家副騎士団長。
クライブは双子の兄弟で兄。兄同様、騎士としの実力はあるが、
人の上に立ちまとめるのは、クライブの方が優れてる。
武器はレイピア。西洋短剣。
 兄に比べ、表情もコロコロ変わり、率直、愛想が良く朗らか。

 カイルが城を出ていく事を、なかなか納得出来なかった為、
以降、レディアの身を強く案じる。兄同様にカイルに忠誠を誓っている。
 「騎士としての誇りを、この胸に。」  

「騎士としての誇りを、この胸に。」  / Robert・Cattrall

   
リアナ

Age:18 / Job:Made / Element:-

 イートゥニア王家の侍女。(レディアの侍従)
主にレディアの身の回りのお世話をする。
レディアの母である王妃にも、
良き話相手になって欲しいと頼まれている。
 王妃とどことなく似ているレディアを尊敬しており、
またレディアからも信頼されている。

 しっかり者で、レディアに意見を言う事もある。
どうやらカイル王子に憧れがあるらしい。
 「はい!姫様!いつでもお呼び下さい!」

「はい!姫様!いつでもお呼び下さい!」  /  Liana

   

 


 「仕方ないな…これも導き、なら。」   クラウス・ブラウンフェルス

Age:26 / Job:Priest / Element:光・聖

 妖精に懐かれている神父。(聖職者)
ユウリの古くからの友人。同じドイツの神学校を共に卒業。
生まれはドイツだがユウリ同様、フランスに身を置いている。
ユウリと違い、教会には住んではいない。

 知的で堅実。面倒見がとても良く、根が真面目な為、
一見堅苦しそうに見えるが、そんな事もなく、お人好し。
こうと決めたら譲らないユウリに、手を焼く事もしばしばである。
つまり、何かと苦労人。

「仕方ないな…これも導き、なら。」  / Claus・Braunfels

   
 「何も知らないなんて…幸せな人ね。」  フィオナ・??

Age:18 / Job:??? / Element:?

 知性と激しさを合わせ持つ、謎の少女。
ファレナの過去を知っている。

「何も知らないなんて…幸せな人ね。」  / Fiona・??


 

 

 

 

 

Copyright(C)2003-2012.Riin Akikaze All Rights Reserved.